This Category : Laos ラオス

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2009.06.29 *Mon

ゆるゆるラオス

ルアンパバーン3日目、この日は朝5時におきて托鉢を見ました。

列になって歩くお坊さんに、女性がお米をお供えしている光景が見れます。

こういう宗教的なのって、写真撮るのまずいかなーと思ったけど、2~3枚撮らせていただきました。
あとはおとなしく見学・・・

BLOG7097.jpg

で、このあと散歩してたら、大通りから1本入る道沿いになにやらすごい人だかりが!!
なんだろーと思って覗くと、朝市でした。

BLOG7098.jpg

BLOG7099.jpg

BLOG7100.jpg

肉コーナーには、肉のかたまりがどんッとそのまま置かれていて、ハエはぶんぶんたかってるし、下ではイヌがガルルルル・・・ってうろうろしてた。

アジアの市場や、こうやって道端で売ってるのって基本どこでもそうだけど、肉とか卵とか常温なんだよねー。
いや、常温どころか、炎天下??笑

卵だって、どこでもそのままぽんッと置かれてるもんねー。

今までお腹も壊してないから特に気にしてなかったけど、毎日口にしているのは、こうゆうとこで売られている食材たち。

・・・ま、火を通せば問題なしでしょ☆

だって、ほんと毎日おいしー!って言いながらご飯食べてるしね。

んで、このあと日本語学校行って、日本語ってかうちなーぐち教えてきたww

BLOG7101.jpg

BLOG7102.jpg

お坊さんもいて、みんな熱心だったよー!
沖縄のこととか教えて、楽しくおしゃべりしながら、あっという間の1時間半だった。

そして夕方には赤十字のサウナへ。

今まで経験したサウナのなかで、だんとつに熱かった!
てか痛い!!笑
あちッ!痛ッ!てなる。
汗もだらだら流れるようにかく。

5分以上入ってられない!!
5分入って外で10分休憩して~のサイクルで4回が精一杯。

それでも、終わったあとにはすっごい気持ちよかったし、また来たくなる。
サウナの中は薬草の煙がモクモクしてるから、肌もスベスベしてるような?
やみつきになりそ~。

一応、一回入場料を払えばどんだけいてもいいので、耐えれる人はもっといれるはず。

夜は同じ宿に泊まっていたゆうすけさん&かずきくんとご飯食べに。
かずきくんは1個上で、同じく大学を休学して世界一周。

意外と会うもんだねー。びっくり。

そのあとナイトマーケットにも行ったけど、ここのはあまり活気がない、というか店のおばちゃんとかがやる気ないw

ケータイいじってたりご飯食べてたり、寝転がっていたり・・・

商品見てても、「これはどう?」「こっちもあるわよ」って寄ってこないから、こっちとしてはありがたいけどね(笑)

値切りもあっさりw
店じまいも早いww

ほんとゆるいなぁ~ここは(笑)
スポンサーサイト
COMMENT : 2  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2009.06.29 *Mon

いや、むしろ

ルアンパバーン2日目、クアンシーの滝へ行ってきました!

ここの滝は色がエメラルドグリーン!!

水は透明だから、きっと底の砂か泥かわかんないけど、それの成分かなんかが創り出している色だと思う。

BLOG7093.jpg

BLOG7092.jpg

BLOG7168.jpg

めっちゃ綺麗!!!

この日はあいにくの曇&雨。
晴れてたらもっときれいだったはず~

ルアンパバーンのまちが世界遺産っていうけど、いやむしろこっちを世界遺産に登録すべきでしょ!!
って思ったww

BLOG7096.jpg

ここにはなぜか保護(ていうよりただ捕まえただけっぽい笑)されたクマが何頭かいて、滝にたどり着くまでに、クマの像が並んでる場所や、木彫りのクマのお土産を売ってる店があって、あとから見たここのパンフレットにはクマが全面にアピールされていましたwww

そんなクアンシーの滝、オススメです!!

売店には、こんな可愛い女の子もいました^^

BLOG7091.jpg
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2009.06.29 *Mon

ルアンパバーン

ルアンパバーンのまちなみ。

BLOG7086.jpg

BLOG7090.jpg

BLOG7156.jpg

一応(というかなぜか)、まち全体が世界遺産らしいですw

まち全体を見渡せる、プーシーの丘からの眺め。

BLOG7089.jpg

たしかに眺めは良かった!!

ルアンパバーンの宿では、チェンマイで出会った斎藤さんご夫婦と再会!

この宿、情報ノートが充実してるし、共同シャワーはお湯も出るし、部屋にバスタオルついてるし、水・バナナが無料だし、5日に1度のフリーディナーっていって着いた日は晩ごはんタダで食べれたし、かわいいネコちゃん3匹いるし・・・

BLOG7104.jpg

BLOG7105.jpg

かなり良かった!
日本人の利用も多いからいろんな人とも出会えるし!

中心地からはちょっと遠いけど、普通に歩ける距離です。

ルアンパバーンへ起こしの際は、ぜひコールドリバーGHへ♪

シングル共同シャワー
40.000K(約480円)


あ、そうそう、こっちは意外と物価が高いです・・・涙
2年前と比べて、1.5倍ぐらいになってるらしい・・・
たくさん外国人が来るようになったからかなー。
タイから来た旅行者にとっては痛い><
まそれでも日本に比べると全然安いんだけど。。。

あと、USドルより全然キープの方が使えます!
ATMもちゃんとあるし・・・
お金おろせてすっごい助かる!!
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2009.06.29 *Mon

ラオス入国

タイのチェンコンから渡し舟で、ラオスのフエサイへ。

BLOG7158.jpg

ラオス側のイミグレーション。

BLOG7159.jpg

イミグレちょーかんたん。
ってか、マレーシアからタイに鉄道で入ったときもそうだったけど、荷物検査とか一切なし。
まぁそりゃそうか。
陸路で次から次へとやってくる人の持ち物なんて、いちいち調べられないよねー。

そっから、スローボート乗り場へ。

“スロー”ボートだけど、けっこうスピードあった。

けどやっぱ、となりをスピードボートが走ってったけど、あれはかなりの速さだった。

スピードボート、その日のうちにルアンパバーンへ行けるんだけど、水で自分も荷物もビシャビシャになるし、負傷者や死者もでてるそうです・・・こわっっ

ってか、ボートの中は欧米人ばっか!
たまに現地の人も途中で乗り降りしてたけど、東洋人の旅行者は私だけでした・・・
オフシーズンだからかな。

約6時間後、パクベンに到着!!
ゲストハウスとレストランしかない、とっても小さな村。

BLOG7078.jpg

BLOG7080.jpg

パクベンに着いてから、別のスローボートに乗っていた日本人ご夫妻と出会う。
その日の夜、晩ごはんをご一緒させてもらいました^^

翌日、そのご夫妻と同じボートに乗り込み、再び長い長~いボートの旅。

BLOG7081.jpg

BLOG7084.jpg

BLOG7085.jpg

周りの景色はすごく雄大で「おおー!!」ってかんじなんだけど、前の日に6時間同じ景色を見続けてるし、2日目もまったく変わんないから、だんだん飽きてきてww

周りの欧米人たちも、1日目のボートでは、お酒飲んでトランプして音楽かけて・・・とノリノリだったけど、2日目はおとなしかった(笑)
こんな状態ww

BLOG7082.jpg

BLOG7083.jpg

パクベンを出発して約8時間後、ようやくルアンパバーンに到着!!
やっと着いた~!
おしり痛いし・・・

船着場はこじんまりとしていて、ぱっと見パクベンと変わんなかったな。
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]



プロフィール

まいこ

Author:まいこ
沖縄に住む大学生です。
旅・写真・街歩きが好きで、一人でもふらふら出かけます。
一人旅の面白さにハマってってしまい、2009年4月から1年大学を休学し、約8~9ヶ月かけて世界をあちこち見てまわることにしました!
女ひとり世界一周。
・・・どうなることやら!?





カウントダウン



カテゴリ





最新トラックバック



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



そこ、今何時?





カウンター



検索フォーム







QRコード

QR



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



今日は何位?

世界一周ブログランキングに参加中です。あなたのクリックがランキングに反映されます!1日1回ポチっとな



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

↑めんどくさくなかったら、こっちもよろしくお願いします^^



Copyright © 地球ぐるぐる女ひとりたび All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。